ご案内

NPO法人宮城県患者・家族団体連絡協議会

(発足)

宮城県患者家族団体連絡協議会(MPC)は1988年に宮城県難病団体連絡協議会として発足しました。平成17年にNPO法人化し、患者に限らずご家族も参加することを目的に、名称もNPO法人宮城県患者・家族団体連絡協議会と改めました。

(活動内容)

仙台市から委託を受け、各患者会が主催してネットワーク難病医療相談会を年間18回、難病患者等ボランティア講座を年間2回、難病ヘルパー養成研修を年間1回実施しております。

(会員構成及び受託事業)
現在、活動23の患者団体が加盟しており会員数も約3、000名に達しております。宮城県と仙台市からの委託事業を実施しております。宮城県からは宮城県難病相談支援センター、仙台市からは仙台市難病サポートセンターを、受託しております。両センターに資格を待った専門の相談員を配置し業務を行っております。

(特色ある活動)

独自の事業としてMML(宮城メデイカルリンク)とRDD(レアデイズィーズデイ)を行っております。
MMLとは、県内の患者・家族、医者・看護師・保健師等の医療関係者がフラットな関係で話し合いを持ち、情報交換の出来きるネットワークを築き上げようという事業です。昨年まで3回開催されており多くの患者の参加とともに関係機関からの参加も要請していきたいと考えています。
RDDは、JPAの呼びかけにより2012年から始めた難病を知ってもらうための事業です。毎年2月の最終日に行っています。

【交通機関のご案内】

JR仙台駅西ロバスプールより/バス…仙台駅前 29番乗り場ほか交通局大学病院前行き乗車・終点 下車(所要時間/仙台駅前より約10分)
地下鉄北四番丁駅南1出口より/徒歩…約10分 バス‥・二日町北四番丁バス停より交通公園行き等 乗車・大学病院前下車(所要時間/約4分)

仙台市青葉区木町通1-4-15仙台市交通局本庁舎4階
電話022-796-9130 FAX 022-211-1781

(地図出典 仙台市交通局ホームページ参照)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする