筋ジストロフィー医療講演・相談会-2/18(土)

(仙台市委託事業)
医療講演会・相談会
日時:平成29年2月18日(土)13:30~16:30
場所:独立行政法人国立病院機構仙台西多賀病院
診療研修棟6F大講堂

-プログラムー
13:00 : 開場・受付開始
13:30~15:00 : 第一部医療講演会
「筋ジストロフィーモデルマウス(ldxマウス)の筋変性を悪化させる要因について」
~疾患修飾因子とそれを逆用した症状軽減法~
東京大学大学院総合文化研究科教授 松田良一先生
(講演概要)

デュシェンヌ型筋ジストロフィーは、ジストロフィン遺伝子の異常により起きる。しかし、その治療方法が見つかっていない。世界中の研究者は、ジストロフィン遺伝子の導入やエキソンスキッブ、リードスルー薬などによる治療確立を目指している。その一方、ジストロフィンの発現によらず、筋ジス症状の緩和につながる研究、とくに裏出教授(筑波大)らの炎症を引き起こす酵素の働きを抑える薬による治療が注目される。私たちは、mdxマウスを用いて餌に含まれるリン、あるいは、飲水からの甲状腺ホルモン(T3)の摂取が筋変性に与える効果を調べた。その結果、リンとT3は筋ジストロフィー症状を悪化させる強力な疾患修飾因子であることが分かった。それを逆用した筋ジス症状の軽減法を提案したい。

15:00~16:30 : 第二部医療相談会・福祉相談会
※この相談会と並行して患者・家族の交流会を行います。
参加費   :無料
参加申し込み:不要
問い合わせ先:仙台市障害者総合支援センター
(TEL) 022-771-6511
主催 一般社団法人日本筋ジストロフィー協会宮城県支部
共催 独立行政法人国立病院機構仙台西多賀病院
特定非営利法人宮城県患者・家族団体連絡協議会
※問い合わせ受付開始は平成29年2月6日9:00から

パンフレットはこちらをご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。